2012年11月24日土曜日

MAXScript クリップボードに文字列を渡すsetclipboardText()

setclipboardText()
という関数があります。これが結構便利で、MAXの情報をクリップボードに送れるので、これを使って他ソフトでMAXのデータをペースト出来ます。

camera情報をAEにペーストとか、色をNukeでペーストとか。

--
setclipboardText("Autodeskふざけんな")

って実行してメモ帳立ち上げてペースト

 こんな感じです。不思議と少し気が晴れる仕組みが完成しました!

string部分を他のソフトの形式にしてあげればクリップボード経由でMAXのデータを他ソフトに持ち込めます。
改行も\nを使用すれば問題ないです。
--
a ="リアルワールドスケールが最大値10000ってなんだよ!\n"
a+= "何かと思って調べたら内部的な数値逆数ってなんだよ!\n"
a+= "0.001ってなんだよ!\n"
a+= "スクリプトやExpressionコントローラーだと10000以上の値渡せるってなんだよ\n"

setclipboardText(a)
--

あー、すっきりした。

0 件のコメント:

コメントを投稿