2013年12月15日日曜日

VFXワークフロー Scene-Linear Composite AfterEffects

シーンリニア(+HDR)の特徴を生かしたコンポジットの一例。
メリットがありそうな合成の例を扱ってみました。
「標準(ノーマル)の合成でもこのような違いが出るよ!」という資料になります。

32bit float。左、HDRあり。右、HDRなし。変化をお楽しみ下さい。

スタート。両方ガンマのかかっていないScene-Linearですが右側はHDRがありません。
煙をポン乗せ。
HDRのある方は強い光の太陽が煙を透過してくる。
LDRの方はクランプされてしまっているので情報が出てこない。
この差は大きい!

フィルタ「Glow」を全体に適用。HDRに対してグローをかける。
シーンリニアだとグローも自然で綺麗じゃないですか!!
LDRは当たり前ですがグローかからない・・・。
トーンを調整。LDRは当たり前ですがトーンを調整しても情報がないので
白飛びしているところの情報は出てこないですね・・・。LDRはこのようになりやすいので
左側の画になるように様々なテクニックを駆使します。





最初の画像に、完成画像のような情報があるなんてビックリしますよね!
空素材は出来るだけHDRを収めて撮影したいですね!
HDRがある事で合成、マスク作業が楽になるケースも沢山ありますよ。

僕はCGだけ合成するような仕事が多いのですが、HDRがあったらもっとカッコイイCGを作る事に時間が使えるのに・・・と思う事が多々あります。作業の ほとんどが馴染ませる作業で終わったりなど。HDRがあれば・・・。逆光とか、ライトの光源の上にCG合成する時とか・・・。


光源にかかる何かを合成する際も効果的!!
AEはシーンリニアコンポジットが苦手な面もありますが、効果的に使える局面も沢山ありそうですね。
(adobeさん、トーンカーブにズーム機能とベジェハンドルつけてもらえるととても嬉しいです!後、スポイトの固定!マウスのカーソルある時だけではなくて、ずっと表示出来ると嬉しい!!)

6 件のコメント:

  1. かつて何度かAdobeの開発者さんから日本のユーザーの意見を聞きたいという誘いをうけて、トーンカーブのZoomに関しては言い続けてますが実現しないのは不思議です。あれはCSになる前からだな…
    CS3以降AEで仕事していませんが、当時はAEでfloatを扱うのは無理!って思ってましたが最近は大分改善されたんでしょうか?

    返信削除
  2. 色々扱いづらい感じは否めませんが、効果を発揮する面もあるのでは?と思いました。また、logを扱うのであれば避けては通れない部分だと思うので。
    少なくともphotoshopよりはfloat使いやすいと思いました(笑)

    返信削除
  3. 確かCS4から64bit版のみになったと思うのですが、それ以前のAEはflaotでHDサイズの作業をすると重くて重くてレンダリング不可能のコンポジションとか出来てたんですよ。
    今のバージョンはその辺スピード上がってるんですね。

    返信削除
  4. そこ不明ですね。一回、本気のコンプ組んでみないとなんとも・・・。最近のバージョン、キャッシュも取るようになって結構快適には感じるのですが・・・

    返信削除
  5. 調べたらCS5からでした。
    リリース直後検証しましたが、HDサイズのレンダリングを快適に行うには、CPUスレッド数x2GBを割り当ててくださいと書いてあって、確かにその通り設定したらレンダリングは快適だったけど・・・
    最近はメモリも安いしコア数も頭打ちなんで現実的なんでしょうか?
    CS6は触ってもいないので知りません。

    返信削除
  6. トーンカーブはFresh Curvesどうですかね?
    http://frischluft.com/curves/
    ウィンドウに可変(横方向のみ)なんでサブディスプレイ全面に出すとかも可能です。ズームもいくらでも出来ます。ベジェももちろんあります。

    安い割にはかなり使えます。標準のものよりだいぶ良いですよ~

    返信削除