2014年9月15日月曜日

Maxscript その11 「比較式 BooleanClass値」

Boolean値 「基本的なデータ値>BooleanClass値」

比較式の前にBoolean値に触れる。これもプログラムの世界では代表的な型の1つのようだ。「Boolean型」などで検索するとヒットする。

True・・・真、False・・・偽と2つの値を持つ。「オン/オフ」「イエス/ノー」「1と0」など、対照的な2つの状態を表すのに用いられる事が多いようだ。

MaxscriptではTrue、Falseの他にon、offという値を持つが、True = on、False = offなので、どちらを使っても同じ意味になるようだ。(TrueとFalseが一般的だと思うので、基本的にはTrue、Falseでいいと思う)
チェックボックスのオン/オフのようなものは大体Boolean値が使われていると思う。

<例>
ライトのオンオフをスクリプトから制御する場合は「.enabled」プロパティにアクセスする。
このプロパティのタイプは「BooleanClass値」なので、true、falseを設定する事でライトのオンオフが出来る。

showを使って調べた時に表示されるのが、プロパティ名とデータの型なのでそれを参考にしてみたり。

--------------
比較式 「リファレンス>名前、リテラル定数、および式>単純式>比較式」

プログラムの世界では基礎中の基礎らしく、「比較式」「比較演算子」などで検索すると出てくる出てくる。

左辺と右辺の比較可能なタイプの値を比較し、その答えをBooleanClass値で返す。比較可能なタイプは「基本的なデータ値」の各値の部分に記述されている。

演算子
== 等しい
!= 等しくない
>  より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
--------------

異なるタイプ同志の比較


式の答えが比較されるので、右辺左辺が式でも問題ない。また、オブジェクトなども比較出来るようだ。

シーンにオブジェクトが存在するかどうか
(僕は!=の「等しくない」がなかなか身につかず、「以外」と考えることにしている)

オブジェクトのクラスを確認

大文字小文字関係ないと何度か言ったけど、文字列を比較する際は大文字小文字の区別があるようだ。

比較式も式なので、答えを変数に代入する事が出来る

こんな感じの比較式もいける

演算子はpythonでも一緒。

Trueと答えて欲しかった・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿